« 2006年12月 | トップページ

2007.01.28

Our Favorite Pop / Paris Match

オシャレ系、Cafe系の代表格、ミズノマリを女性ボーカルを中心とした3人組のユニットであるParis Match。日本のSwing Out Sisterといったところでしょうか。

25日にリリースされたアルバムはOur Favorite Pops
というタイトルで内容は70年代〜90年代の洋楽カバーなのですが、ジャケットは80年代中期にUKで一世風靡したスタイル・カウンシルのオマージュ(悪い言い方だとパクリ)で、通好みな仕掛けがあちこちに。

基本的にParis Matchの曲はメロディアスで聞きやすいため、このカバーもそうした名曲がちりばめられており、センスの良さを感じさせられます。
最も聞き所だったのは、The Brand New HeaviesのNever StopとLisa StansfieldのAll Around the World。少しテンポが速く、原曲とはまた違った感じですが、作曲・アレンジ担当の杉山さんのセンスの良さはすばらしいものがあります。
2曲とも90年頃、大学時代に聴いていたUKの曲ですが、今になってカバーされるとは。涙ものです。(Lisaのことは誰とも話したことがなかった。。。。)

このグループを最初に知ったのは、ADLIB誌であり、ANAの機内放送でかかっていたのがきっかけでした。なによりも、広島の角松仲間のK君からの大プッシュが大きかった。
その後巡り巡って、氷川台のDJ O氏も好きだということで意気投合。

ミズノマリさんのボーカルは好き嫌いがあるとは思いますが、80's洋楽ファンにはお奨めの1枚です。

784Our Favorite Pop / Paris Match

125Affection / Lisa Stansfield

416Brand New Heavies / Brand New Heavies

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007.01.03

2007新年早々購入のCDは大当たり

年末にHMVに注文していたCDが今日届いたのですが、これが大当たりでした。

まず、洋物の知る人ぞ知る名盤2枚。
UK Soul Delegationの再発2枚。

といってもすでに4,5年前の再発なので、知るのが遅すぎてます。ライナーは音楽ライターの金澤寿和さんが書かれていたので、ADLIBでも見落としているようです。
しかし、フロアでの一聴ではまってしまった。。。
最初に聴いたのは、以前このブログでも紹介した、地元成増でした。

Eau De Vieの1曲目 Heartace No.9にもろツボにはまり、初めて会うDJの人にアーティストを聞いたのがきっかけでした。金澤さんが好きな世界というのも十分納得できます。もちろん、角松ファン必聴です!!

Eau De Vie / Delegation

825

続いて、アナログ盤の中古市場価格は数万円と言われていた4枚目のアルバム、1曲目が名曲とのことですが、自分は2曲目のI Figure I'm Out Of Your Lifeに驚きです。あの、名曲では?!と思い、Funky Record Reviewをみたら、Arnie's Love  がカバーしていたのでした。こちらがオリジナルとは。。。調べてみたらこのArnie's Loveは以前紹介したClassic Mellow Mastercuts Volume1に入っていたのですね。(ということは、初めて聴いたのは久保田さんのLand of Grooveか。。)

Deuces High / Delegation

780


続いて、棚ぼた的名盤。というのも、ここ1年来、ずーと気になっていた、あの曲が偶然このアルバムに入っていたのです!
タイトル曲のLove Islandでした。
それは、NHK教育TVハングル講座のBGMで流れていた、フルーゲン・ホルンの美しい旋律のインスト曲でした。てっきり最近の韓国の曲かな?と思ってました。
美しいメロディーの通りの曲名でした。
この曲を聴いて思ったことがありました。昨日角松さんのシンコーミュージックから発売されていた本を読み返していて、はっとしたことです。「ADLIB系的なミュージシャンどうのこうのと説明する聴き方ではなく、情景、景色が思い浮かび説明できる歌・曲。」
この曲を聴くとその景色が思い浮かびます。南の島に飛んでいく情景でしょうか。非常にロマンチックな曲です。
ちなみに、このアルバムを買うきっかけは、今年32年振りに来日したDeodatoの再発CDを金澤さんがブログで紹介されておりADLIBにも記事があったりしたことがきっかけでした。Love Islandはインストオンリーのアルバムでしたが、この後、DISCOでもかかるような曲を生み出していったという、Quincy Jonesや今回一緒に注文したGeorge Dukeに通じるプロデューサーアプローチということでどうしても聞いてみたかったのです。これまで海外のJazz&Fusionもそこそこ聞いていましたが、Deodatoは一度も聞いたことがありませんでした。

Love Island / Deodato

554

 

続いてUK Soul的ネタとして、1枚目以来ようやく買いました。ここ10年来の動向を聞いてみます。Jamiloquaiも一聴で衝撃を受けたアーティストです。
High Times: Singles 1992-2006 / Jamiloquai

266

 

限定版という言葉に弱いのはつらいとこです。ADLIB信者の自分は買ってしまいました(爆)
Jaco Pastorius / Jaco - The Early Years Recordings

245

 

次は、和モノ。寺尾聰さんのアルバム2枚。
すでに、iTunes Music Storeなどでもセールスはよいようですね。
ADLIBや金澤さんのブログでも紹介されておりましたが、実は、角松さんがすでに8月のNHKFMでShadow Cityを流しておりました。その時からずっと気になっていたのですが、ようやく買いました。
2006年版を待ちきれず最初に店頭で買い、年明けにオリジナル盤が届きました。ルビーの指輪がはやったときは、小学校5年生の時。放送委員会で、1年上の人が、ルビーの指輪ではなく、出航がかっこいいって力んでいたのが思い出されます。

Reflections / 寺尾聰

768

Re-cool Reflections / 寺尾聰

717

今年はのっけから音楽的に恵まれております。この調子で何事もやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

今年は伴侶の具合が悪いため、急遽実家の帰省がキャンセルになった反面、
新年早々、Soul Bar Fire Crackerに行きました。

某DJ氏達やマスターにお会いでき、非常に心地よい幕開けでした。今年も音楽を聴きたくなったらここに来るしかないと思いながら、いろいろと勉強させていただこうと思っております。予想しないハプニングがラッキーな展開に。

元旦を家で過ごすのは初めてなのですが、24のシーズン1をずっとかけっぱなしにしながら、年末にできなかった家の中の身の回りの整理をしております。

去年は正直、年始に目標を立てておらず、1年過ぎてしまいましたが、今年はそうはいかないと思っております。

昔のMDの整理やテープの整理(iTunes化)するだけでもいろいろ発見あるだろうし。(今日、あのJocelyn Brown / Somebody Else's Guyを初めて知った久保田利伸さんのFMのMDが出てきて新年早々ラッキー)

仕事モードへの助走をつけていきたいと思います。

今年はブログの更新頻度も上げらられればと思っております。
(ひょっとしたらmixiと切り分けるかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ