« 記録するに値するもの〜 TOSHIKI KADOMATSU Performance 2006 "Player's Prayer" Special | トップページ | 信吾さんが紅白に!! »

2006.12.17

中野サンプラザでのライブ

土曜日は、前日にチケットを入手し再び中野サンプラザに行ってきました。
それにしても、よかった。金曜日に行こうと思ったのは正解でした。

東京に出てきてから6年近くになりますが、20周年などのイベント以外のツアーライブとしては最もよかったと思います。
特にお客さんのノリも半端ではなかったです。
土曜日しかも追加公演のため、熱烈な全国のファンが集まってきているということもあるでしょうが。

スティーブ・ガッドは日に日に勢いが増して、凄まじかった。またガッドを横でしっかりサポートする江口さんも素晴らしい。出過ぎず、しっかりガッドに音を出させ、決めるところは決める。プロ中のプロの技ですね。
また、弾き語りコーナーでは、あるがままに を今さんとのDuoでやられてこれが響きましたね。
最終日スペシャルがいくつかあったのも見逃せないところでした。
そして、prayerのモアモアアンコールもあり、締めはNo End Summer
角松さん、この曲を締めにやりたいとずっと思っていたんだろうな〜

9月に大宮で始まったツアーで、観なきゃ損、と角松さんがMCで語ってましたが、その通りのツアーでした。
見逃した方は、最終日の中野の映像をぜひ観ていただきたいと思います。

|

« 記録するに値するもの〜 TOSHIKI KADOMATSU Performance 2006 "Player's Prayer" Special | トップページ | 信吾さんが紅白に!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/13106198

この記事へのトラックバック一覧です: 中野サンプラザでのライブ:

« 記録するに値するもの〜 TOSHIKI KADOMATSU Performance 2006 "Player's Prayer" Special | トップページ | 信吾さんが紅白に!! »