« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.30

Prayer / 角松敏生

これほどの内容のAlbumだと語ることが難しいのが実感と思いここ5日ほどたってしまいました。
繰り返しになってしまいますが、集大成のAlbumと思いました。
角松さんの解凍以降の活動、そして、解凍前の活動を自分なりに受け止めていらっしゃる方にとっては同じ思いではないかと思います。
毎度毎度、ここ数年のAlbumは集大成ということが似合っておりますが、今作もその言葉通りだと思います。

LoveFMで今回のAlubmのジャンルっていうのはなくて、「角松敏生」ってジャンルって角松さんがおっしゃってましたが、まさにその通りでますます深化していっている本作と思います。
なになにっぽいというのが確かに本作には感じられますが、それすら昇華しているように受けとれます。

One and Only

この言葉がますますマッチしているように感じます。
凍結前のAll is Vanityの頃に語っていた、ジノ・バネリやスティーリー・ダン、そしてLoveFmでも引き合いに出されていたスティングなどと並ぶOne and Onlyなアーティストして進化していっていると思います。

色々な音楽がある昨今、こうしたAlbumを聞くことができる自分が幸せと感じました。
Fankaと同様、かめばかむほど奥深さがわかる、するめのようなAlbumと素直に思った印象です。

でも、こうした聞き方というのが一般的ではないと考えると、もっと多くの人に聞いてもらいたいという一ファンのおごりというのは、伝わらないのかもしれない。
聞いたことがない人の琴線に触れるような音楽とはいったいなんだろう。と思ってしまう。
確かに、自分が角松さんにはまったのはCDをレンタルしてから1ヶ月以上たったある日だったのだから。
それに比べ、MISIAについて初見でビビットに反応したのは町中の書店で聴いた有線放送だったし。一聴して残る楽曲というのは確かに素晴らしいがそれだけなのだろうか。

今後もこうしたQualityの高いAlbumを期待してしまうのですが、今回、わずか3泊5日のハードスケジュールで成し遂げた、スティーブ・ガッドアンソニー・ジャクソンのN.Y.レコーディングとのことですが、一流ミュージシャンの協力を得られるクオリティーで制作する費用がでなくなってしまうような状況になると、PSE法ではないですが、聞く立場としても死活問題ですね。

Prayer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

なぞばこ

とうとう買ってしまいました(爆
えらい人にそそのかされるとダメポですね
W-Proも安かったのですが、ワイドに対応したブリオにしました。
ばおーで、税込み17800円
昨日休みの合間をぬって、あきばおーに行き発売後1月ほどの製品ですが、しっかり働いています。

映像は、これまでのep→X3→D1→ワイドTVで見るのとほとんど一緒というより、TV自身がHD対応ではなくSD画質なので気にならない程度です。
X36に入力していますが、X3の方がエンコ性能がよいのかもしれません。
やはり新しい機種でHDDに余裕がある機種にした方がよいのか。
あるいはRec-podの大きいサイズをかって、とりあえず予約でためて、後で編集とするか。今までepとRDの両方に予約をしていた手間がなくなるのはイイかも!
やり方はいろいろあるようです。
少なくともこれまでのストレスはなくなりそうです。

しかし、この3年間でRAMベースでとりためたライブラリーはすごいことになっています。2台合わせて2000件以上は、ゆうにありますので。
ほとんど、音楽と自然の映像+ガンダムか(苦笑)
とは言いつつも、RDのライブラリ機能は録っているものを把握する上でよいから、Rにメディアを変えたとしても、Video形式ではなくVR形式でライブラリ機能は有効にしとくか、でも使い勝手からVideo形式にするか悩みどころです。

まぁ気長に編集しますー

Nazobako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

角松さんの曲でローズピアノと言えば!!

自分なりに順位を決めることができない隠れた名曲

「Melody For You」

です。名盤「Gold Digger」のA面ラストを飾る曲です。
次はJoe Sampleを想起させる「All is Vanity」の「」でしょうか。
Melody For Youとローズでピンと来ない方もいらっしゃると思います。
AlbumバージョンはJake H. ConceptionのSaxをフィーチャーしたアレンジなのですが、Summer 4 Rythm Liveの時は度肝を抜かれました!!
イントロのローズピアノを小林信吾さんが弾かれていたのですが、ひょっとしてこのイントロは〜〜キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
というほど素晴らしいものでした。
また、ギターのカッティングのカッコ良さを教えてもらった曲でもあります。

某掲示板にもコテハンにするほど熱烈ファンの方がいらっしゃいましたが、僕はこの曲を聴くと10代を思い出します。
そう、車なんてまだ乗れない頃に、この世界のようなドライブができたらと夢を見ていたのです。

夏を思いださせる、エバーグリーン的な良質のPopsですね。

Golddigger
Gold Digger / Toshiki Kadomatsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

録りためた映像の録音

映像の録画をし始めて、丸3年となります。
某友人らに、PCで録画ではなくラムレコだよとそそのかされて、はや3年。
これまで、自然の映像や、音楽の映像を録画し、膨大なライブラリができつつありますが、音楽の録画は映像のままで、しかもCPRMなるコピーガードがあるため、未だにレコーダーの中という状態。
通勤時に利用しているiPodへの転送もできずまま貴重な映像の音が死んでしまっているので、暇を見て、iPod化をはかろうと思いました。
結構面倒で、USB Audio経由でデジタル録音できると思ったら甘く、結局ラムレコからはAnalog出力でUSB Audio経由でiMacに入力してPCM録音してiTunesでAAC化という、いわゆるレコードからiPod化するという非常に手間のかかる作業をしています。
CDやDVDからのリッピンだったららくなのですが、コピーガードがかかっている映像は手間ですね。
いずれにせよ、一旦Analog化しているので、iPodまで持っていくことは可能です。
それにしても、ラムレコのHDDに眠っている音源ならまだしも、DVD-RAMに入っている音源までiPod化するのはかなり大変ですなー。
しかも結構貴重な音源もあるし。
まぁ、いずれにせよ、ライブラリー化は必須です。
あと、自然の映像のライブラリー化も。こちらは、国内有数と自負しているのですが。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »