« TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Concert | トップページ | 録りためた映像の録音 »

2006.06.27

Base is my Life

土曜日の角松さんの25thライブについては、さらっと流してしまいましたが、25thライブの青木さんに関することを(長文ご容赦)。

すでに、多くのBlogや掲示板で皆さんから感想が述べられていますが、6月24日18時30分ほぼ定刻に始まったライブは、映像からスタートしました。
丁度リベンジの横浜アリーナの時のように。

音楽ライターの金澤さんがすでに述べられていましたが、楽屋から乗り込む姿が茶目っ気たっぷりで、笑いをとり、どうなるかと思わせたステージにリラックスムードを醸し出していました。

1曲目は「Realize」でした
この曲が流れた瞬間、オフィシャルサイトのBBSで「横アリ1曲目何の曲」といったツリーがありましたが、「Realize」を予想できなかった自分は、まだまだ聴き方の甘さを痛感しました。昔より歌詞をきちんと会得していないと。
某巨大掲示板に書き込んでしまいましたが、「Realize」のタイトルそして歌詞の内容自身はまさに今回の青木さんにかかること。
ずーっと「Realize」は女性に対しての曲だと思っていたが、度肝を抜かれました。

一番身近な隣人に捧げる曲です。

その意義のショックで1曲目から涙腺ゆるみっぱなし。
解凍後に聴いた時は、元気になる応援歌的ソングだと思っていたのですが、そんなやわなものではなかった。8年経ってようやく気づきました。

凍結前は内省的な曲が多かった角松さんの曲も、解凍後は血肉のような曲が少なくなり、広く愛を歌った曲が多かったと思いますが、解凍直後の曲に今回の暗示があったかと思うといてもたってもいられませんでした。

今回のライブで青木さんに捧げられた曲はたくさんあったことと思います。
それは、決して青木さんがPlayしていたかどうかは関係ないと思います。もちろん、名演を聴くことがたくさんあったことには違いありません。

言葉で語ったらいくら言い尽くしてもきりがない。だから、あの場では、歌・残りのメンバーが奏でるステージ・これまでのPlayで青木さんへの追悼を示したのだと思います。
ちょうど、あるがままにツアーの時、MC一切なかったときの角松さんのステージを思い出しました。角松さんであれば十分あり得るスタンスだったと思います。
あのツアーの構成も、何が起きたのか!?と思わせる構成でしたが、武道館でその内容は明らかになりました。語らなくてもその場で示される表現、雰囲気で感じ合う。無言というのはそれだけメッセージ性の高いものだと思いました。

不覚にもLady in the NightのVideoが流れていたときは途中寝てしまいました。あまりに長いのでおかしいと気づいたときは時既に遅し。曲の終わりに近づき、ミュージシャン紹介で青木さんが呼ばれたときには!!ハッとして、最後にテロップが。。。。
Foreverの文字に時間がとまりました。

たとえ、ハードディスクからの音だったとしても、こうした大きなホールで聴けるのはこの時が最後だろうと考えても、今回の演出は最適解だったと思います。僕は気づきませんでしたが、きっちりベースアンプは鳴っていたようです。

終盤に向かい最後のメンバー紹介のときは、これが最後だと思い、思いっきり「青木さーん!!」
と叫びました。

翌日、家に帰り、Vogue's Barに青木さんがゲスト出演したときの放送を聴いてみましたが、角松バンドへの加入当初の話やチョッパービンビンになっていったときの話など改め興味深い内容でした。自分は彼らの演じる音楽がほんと好きだったのだと回想してしまいました。

身内以外の不幸の中では最も喪失感が強かった今回のできごとでした。

すでに心している熱心なファンの方はいらっしゃると思いますが。
御大だった場合、自分はどれほどの喪失感があるのか。。。
と思いましたが想像したくない。しかし現実になれば受け止めるしかない。
やはり、毎日が未来だと思い、しっかり生きていくことしかできないと改めて思うのでした。

青木さん安らかにお眠りください

|

« TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Concert | トップページ | 録りためた映像の録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/10706990

この記事へのトラックバック一覧です: Base is my Life:

« TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Concert | トップページ | 録りためた映像の録音 »