« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

秋田のソウルバーZapp

出張で秋田に行ってきたのですが、夜一人になる時間があったので、ソウルバーをwebで探すこと2時間弱(苦笑)普通のパソコンであれば同じページ数見るのに30分とかからなかったことでしょう。W-ZERO3のphsでは遅すぎるか。
そんなことはどうでもよく、苦労の末見つけたお店はホテルから5分の近所。川反という繁華街の中で川の一本裏手に入った道沿いにありました。
とても気にいった、いいお店をみつけました。
Zappという名前は80年代のファンクバンドからとったのでしょう。

店内は思ったより広くびっくり、しっかりターンテーブルとレコードがばっちり置かれていました。
何よりも驚いたのはペプシコーラのおまけのコレクション。これまで出ているのはほとんどあるんじゃないかな。
マスターは若々しいお兄さんで、自分と同じぐらいとぱっとみ思えたのですが自分よりは角松さんに近くてびっくり。
最初サルソウルの話をしていたらMasterCutsのコンピを出してくれました。さ、さすが。
電気グルーブのシャングリラの元ネタのことを言ったら、Spring Rainのことでしょう!ってかけていただきました。MasterCutsといえば以前取り上げたClassic Mellowもあるだろうと思ったら案の定ありました!
かけていただきませんでしたが次の楽しみにします。
またMasterCutsからFree Soulに話がわたり、Tania Mariaの話をしたら、Ronny Jordanでしょう!ってこれまたこのブログで書いていたミュージシャンを。つぼには待った状態でした。こちらから一方的に話をしてしまいましたがここぞとばかりに引き出しから出してくれるマスター素晴らしいっす!!

最近ではお客さんのリアクションが減っていることを嘆きながらもそれが現実なんで古いものだけでなくお客さんの志向も考え今の曲もよいのがあればどんどん発掘しかけているというプロ魂には感服しました。

Ajaもかけてくれるし、この日は名盤を何枚もみた1日でした。あの料金で堪能させていただき感謝です。今度行くときは早めに行きます。Classic Mellowをかけてください!

なんと身近な池袋にも同名のソウルバーがありましたので、こんどはこちらに行ってみよう。zapp.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.24

ラーメン 一蘭

池袋にも博多ラーメンの有名店 一蘭 がこの1月にオープンしました。今日は買い出しの途中の夕食にとよって食べました。場所は東口の北側尾のパルコまえの通りを奥に行ったネオン街の奥です。
昔博多で紹介されおいしいと思っており六本木でも食べたような。
スープはとんコツで臭みは無く、おいしい。ちょっと秘伝のたれは辛くてこれはこれでおいしいのだがせっかくのベースのうまさが負けてしまいます。
麺がちょっと臭みがありこれは好みがわかれるでしょう。
値段が750円で替え玉の小が100円。飲みに行ったあとには適量かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.21

蒙古タンメン中本

池袋西口の有名店蒙古タンメン中本に初めて行ってきました。夜10時30分になるのに外まで行列を作っていました。15分ほど待ったでしょうか。お店の説明には、初めての型は味噌タンメンからとのことでしたが、飛ばして名物の蒙古タンメンを頼みました。ウマからの味噌タンメンにさらに辛いマーボドウフがのっています。辛いことは辛いのですが、やはりウマからはホントでした。スープまで飲み干すと次の日のトイレがやばいのでやめておきました。辛いのが好きな人には超おすすめです。ただ、並んでまで食べることを考えても、池袋では大勝軒七福がやはり自分には上ですなー。nakamoto.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

韓国屋/池袋西口

今日は韓国料理のタッカンマリ(鶏一羽鍋)を食べに池袋の西口に行きました。
値段も安く期待していたのだが、残念ながら1時時間前には予約が必要とのことで食べれませんでした。
日曜なのでやっているかどうか電話した際に聞いておくべきでした。
タッカンマリとサンギョプサル(豚三段バラ焼き肉)がお勧めなのでサンギョプサルを頼みました。初めてみるオンドル石焼きでしたが、最初石焼きが斜めなのでおかしいなと思ったら豚バラ簿油がきれいに流れていく仕組み。あとスンドプチゲ(豆腐チゲ)と豚足を頼んで満腹となったビール2杯飲んで5000円ちょいだったので、これまで行った東京の韓国料理店でが一番安かったと思います。味もそこそこで、キムチもお変わり持ってきてくれるしサンチュ(サニーレタス)のおかわりも持ってきてくれたしすごく良心的なお店でした。オモニのお店といったところでしょうか。次はぜひ予約してタッカンマリをいただきます。
難点はちょっと駅から外れているといったことだけですね。
また、いきまーす。

img015    
img016
img017

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.14

ソウルの新都心COEX

年末に行った韓国旅行の目的はバラードの皇帝シンスンフンのカウントダウンライブが目的だったのですが、その会場となるCOEXという国際会議場に行ってビックリ!
ソウルの市街の広いコンベンションセンターですが、施設の充実度に驚きました。地下1階は広いショッピングモール、隣接通りに面してインターコンチネンタルホテルにヒュンダイデパート、交通は地下鉄駅直結し出国手続きも可なエアーポートターミナルと押さえるべき要素を兼ね備えた施設。
日本完全に負けていますorz
最も近い施設は横浜みなみらいでしょうか。サンシャインも近いのかも。
国際会議場にホテル同一敷地内ではありませんが隣接したショッピングモール。そういえば横浜もインターコンチですね。
複合的な施設がないというのは国策として捉えられていないところが大きいのでしょうか。ソウル、あるいは東南アジアの主要都市であれば一カ所に集中した施設というのは十分実現していることなのでしょう。
都市再生法による規制緩和で民間活力を生かした都市の再整備が行われていますが、地域の再生が主体なのはもとより、国策としての海外への対応の再整備地区があってもいいような。経済特区を作る時には制度の面だけでなく海外からの来訪者の視点にたち、施設の充実が必要と痛感しました。
各地にコンベンションホールができましたが単に箱ものを作った感が拭いきれず、滞在型で一人、友人、家族と過ごせる空間が必要だろうと思います。

COEX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

地下鉄からは×

ようやく通勤時に触っているW-ZERO3なのですが、今日は早めの帰りで、地下鉄なのですがネットには当たり前ですがつながりませんのでWEBベースでの投稿は×。
やはり、メールベース(Moblog)で更新するのが現実路線でしょうか。
ただ、細かい制御ができればよいのですが、どうなんでしょう。少なくともカテゴリのチェックだけは必須ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Intel Mac

インテルマックでました!!
MacBookProと名をかえて。さらに予想外にiMacもインテルに

本当はもっと嬉しいはずなのに、予想していたViiv準拠のMacMiniを期待していたため、昨日はちょっとさめてしまっていました。不思議なものです。

しかし、今日の噂だと、MacBookの15inch以外のラインナップよりもっとすごいモノをだそうとしていたのだが、急遽中止したとのことなので、どうも間に合わなかったようですね。

となると、1月末か、これまでの例で言えば1月遅れの2月に出てきそうです(自分のPB12inchも3年前の2月だったような。)
今回のインテルマックはPB12の乗り換えとして、かなりほしくなってきているのですが、インテルMacMiniを観てからでも遅くないかも。
あと家でのPC環境としては、和室に座ってPowerBookではなく椅子に座ってフルキーボードでという方向に家の中でのスタイルを変えようかと思っております。

いずれにせよ、PowerPCのパフォーマンスから比べると明らかに高速で、VirtualPCのユニバーサルバイナリー版に期待大といったところでしょうか。
おそらくVPCがキラーアプリとなることでしょう。
今回のコアDuoであれば、会社で使っているWindows以上にVPCの方が速くなるでしょうし、多くの人にPC互換機から乗り換えることが多くなると思います。MicrosoftとAppleが結託して3万円でOfficeとVPCがバンドルされるといえば、MacMiniは飛ぶように売れるでしょうね。

ということは、これまでPCを買わなくてよかったということになりそうです(かれこれ5年以上自作しようと考えていて思いとどまっていたので)。

いずれにせよ、先立つものとして試験に合格しなくては。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.11

2006年のMacWorldExpo

あと、30分でApple CEO Steeve Jobs氏の基調講演が始まる。
といっても今年はどうやら、ネットでの配信は行われない模様。
しかし、iPodの発表以上の衝撃が今回巻き起こるけはーい。
すでにいろいろ噂があったものの、多くはIntel Macの発表というところに注目されており、多くのMac系のニュースソース・ブログやIT系のニュースソースでも語らえれてきただろうが、ここ2日ぐらいの間にそれ以上のサプライズがあることがわかった。
点と点が線で結ばれ、その描く世界に非常に興奮してしまった。
だから、寝てから発表を待つのではなく、プレゼンが始まる前に、自分の予想というか思いを書き留めておきたかった。ただそれだけのことなのだ。

自分もMacを所持し始めて10年以上経つが、毎年Appleからはサプライズを受ける。今回もExpo前にいろいろ噂はあり、IntelMacについては、CPUがDualCoreのPowerBookやMacMiniも出るのだろうと、PowerBookユーザーで乗り換えキボンヌの自分には感心が高かった。また、NEC、富士通がDual Coreのノートを発表し、その性能の高さが驚異的なのであるが(これまでのどのチップよりブレークスルーがあるのではないかと思う)これ以上の展開に Jobs氏が今後をかけたのは、激しく同意できた。しかしである、この1/8にMacお宝鑑定団に載っていたO'Grady's PowerPageのプラズマ・ディスプレイの発表予想については、全く理解できなかった。Appleが出すわけないだろう? と普通のMacユーザーは思ってしまうだろう。
ところが、丁度、ラスベガスで行われていたCESにおいて、インテルをはじめ、MS, Yahoo, Sony, Googleなどのリーダーが動画配信についてのシステム・サービスを一斉にリリースしたということを考えると、ここにAppleがいない点には気づいていたが、まだ甘かった。
確かにINTELが発表したViivを採用した製品をAppleが出すという予想もお宝では流れていたし。。。
ちょうど、この内容について、点と点を結び大胆に予想していた、日本の記者がいた。日経ITProの記者中田敦氏であり、かなり的中する予想なのではないかと、驚いた。記者の目(Jobs氏は明日「AppleViiv」を発表するだろう)
内容はViivで利用できるDTCP-IP上にAppleが自社のiTunesStoreで活用されているDRM技術のFairPlayをのせて、動画コンテンツをやりはじめ、TVに本格的に進出するというものである。
そうかんがえれば、AppleブランドのTVとViivの機器(Intel MacMiniか?)を日本のテレビパソコンの感覚で発表するという、いままで日本でも唯一弱かったTVという分野にも強みを出せるというわけだ。
このアイデアにはしてやられた。
そう考えると、ここで、この休みに寝込みながら読んでいた、元MSの中島聡氏のブログ(Life is Beautiful)で語られていた、日本の地上デジタル放送への苦言もすごく納得できる。今回のCESの流れがいたって自然なのだし、AppleがiTunesの音楽についで、iPod Videoで見せる次のiTVの時代がくるということなのかもしれない。すごく、わくわくするのだが、あと2分で全貌が語られることになる。
とりあえず、2chかどこかのリアルタイムサイトかで知るしかないのかしら?
長文になりましたが、興奮のあまり文章書いているので、ともかく、備忘録として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球が好きだから

イチロー選手が、フジテレビのスポーツ番組スポルトの中で最後に語った言葉である。
言葉に重みがあり、感動した。

フジドラマ古畑任三郎での出演で今年になり話題を振りまいていたが、トップの選手でありながら、これまでの苦悩も語られており、困難な状況でもやっていけるのは、やはり野球が好きだからという、原点の発言だったのだ。
だから、子供たちへのメッセージも好きなことをとことんやるということになっている。

仕事なり、今取り組んでいることにおけるモチベーションの最も根本をなすものなのではないかと思った。
丁度今、踊る大捜査線を題材としたリーダーシップ・組織論の本(踊る大捜査線に学ぶ組織論入門)を読んでいたのですごくかぶってしまった。

初心に帰ったとき、本当に好きかどうかということを確認することは、モチべーションを確認するうえでやはりよいのだろう。

実はこの記事を書く前に、次の記事をすごく書き残しておきたかった。
しかし、あまりにリンクするので、この偉大なプレーヤーの言葉を書いておきたかったのである。

次の記事とは、あと30分後にサンフランシスコのMacWorldExpoでAppleのCEO、Steeve Jobs氏の基調講演についてである。
iMac、OSSX以来のBreakThroughなプレゼンになりそうな予感で、ものすごく興奮しているためである。

なぜ、リンクするかというと、やはりコンピューターが好きで、すごく興奮するからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

Reel People / Second Guess

昨年の東京JAZZ2005に出演していたUKのjazzfunkグループ。ライブ放送中初めて聞くサウンドながら、Incognitoの時のようにイイ感じで入ってきた。mixiのIncognitoのコミュにも紹介されていましたが、Incognitoが好きであれば受けいられるでしょう。UKのJazzFunkシーンはよくわかっていないのですが、まだまだ発掘できるのかも。ADLIB12月号で紹介されていたReelも安心感のあるレアグルーブということで、聞いてみる価値あるかも。残念ながらメトロポリタンHMVには入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »