« 野球が好きだから | トップページ | Intel Mac »

2006.01.11

2006年のMacWorldExpo

あと、30分でApple CEO Steeve Jobs氏の基調講演が始まる。
といっても今年はどうやら、ネットでの配信は行われない模様。
しかし、iPodの発表以上の衝撃が今回巻き起こるけはーい。
すでにいろいろ噂があったものの、多くはIntel Macの発表というところに注目されており、多くのMac系のニュースソース・ブログやIT系のニュースソースでも語らえれてきただろうが、ここ2日ぐらいの間にそれ以上のサプライズがあることがわかった。
点と点が線で結ばれ、その描く世界に非常に興奮してしまった。
だから、寝てから発表を待つのではなく、プレゼンが始まる前に、自分の予想というか思いを書き留めておきたかった。ただそれだけのことなのだ。

自分もMacを所持し始めて10年以上経つが、毎年Appleからはサプライズを受ける。今回もExpo前にいろいろ噂はあり、IntelMacについては、CPUがDualCoreのPowerBookやMacMiniも出るのだろうと、PowerBookユーザーで乗り換えキボンヌの自分には感心が高かった。また、NEC、富士通がDual Coreのノートを発表し、その性能の高さが驚異的なのであるが(これまでのどのチップよりブレークスルーがあるのではないかと思う)これ以上の展開に Jobs氏が今後をかけたのは、激しく同意できた。しかしである、この1/8にMacお宝鑑定団に載っていたO'Grady's PowerPageのプラズマ・ディスプレイの発表予想については、全く理解できなかった。Appleが出すわけないだろう? と普通のMacユーザーは思ってしまうだろう。
ところが、丁度、ラスベガスで行われていたCESにおいて、インテルをはじめ、MS, Yahoo, Sony, Googleなどのリーダーが動画配信についてのシステム・サービスを一斉にリリースしたということを考えると、ここにAppleがいない点には気づいていたが、まだ甘かった。
確かにINTELが発表したViivを採用した製品をAppleが出すという予想もお宝では流れていたし。。。
ちょうど、この内容について、点と点を結び大胆に予想していた、日本の記者がいた。日経ITProの記者中田敦氏であり、かなり的中する予想なのではないかと、驚いた。記者の目(Jobs氏は明日「AppleViiv」を発表するだろう)
内容はViivで利用できるDTCP-IP上にAppleが自社のiTunesStoreで活用されているDRM技術のFairPlayをのせて、動画コンテンツをやりはじめ、TVに本格的に進出するというものである。
そうかんがえれば、AppleブランドのTVとViivの機器(Intel MacMiniか?)を日本のテレビパソコンの感覚で発表するという、いままで日本でも唯一弱かったTVという分野にも強みを出せるというわけだ。
このアイデアにはしてやられた。
そう考えると、ここで、この休みに寝込みながら読んでいた、元MSの中島聡氏のブログ(Life is Beautiful)で語られていた、日本の地上デジタル放送への苦言もすごく納得できる。今回のCESの流れがいたって自然なのだし、AppleがiTunesの音楽についで、iPod Videoで見せる次のiTVの時代がくるということなのかもしれない。すごく、わくわくするのだが、あと2分で全貌が語られることになる。
とりあえず、2chかどこかのリアルタイムサイトかで知るしかないのかしら?
長文になりましたが、興奮のあまり文章書いているので、ともかく、備忘録として。

|

« 野球が好きだから | トップページ | Intel Mac »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/8104040

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年のMacWorldExpo:

« 野球が好きだから | トップページ | Intel Mac »