« James Taylor Quartet / in the hand of the inevitable | トップページ | 普通の人にはマニアックそうに見えて知っている人から見れば実はミーハー »

2005.11.16

プラスティック・ラブ/竹内まりあ

角松さんの12inchシリーズと競い合う、グルーブソング。

21世紀の日本女子のソウルディーバーを聞く前にぜひ、聞くべきと思います。

この曲はシングルCDの夢の続きのカップリング曲(B面の曲)でした。
これが、むちゃくちゃかっこよくて、この曲を知ったのは、このシングルCDが出た年にリリースされた達郎さんのLIVE アルバムJOY山下達郎さんが歌っているのを聞いた時です。
あまりにかっこいい曲だったのでオリジナルがまりやさんと聞いてびっくり早速物色したら、ちょうどシングルCDがリリースされておりました。
なんと、このプラスティク・ラブ"Extended Club Mix" となっており7分を超えるロングバージョン!
でも、この12inchシングルレコードってあるんですよね?

T's 12inchesファンの原理主義者の人たちには涙ものの名曲です。
ホーンセクションのアレンジやスクラッチなど当時の達郎さんのアイデアがふんだんにちりばめられており、往年のディスコ・クラシックスの名曲といって過言ではありません。
僕的にはDo You Wanna Danceを引き合いに出したくなります。

ぜひ、ダンスフロアで聞いてみたい曲です。
どこかかけてくれるお店あれば、どなたか教えてください〜
plasticlove

|

« James Taylor Quartet / in the hand of the inevitable | トップページ | 普通の人にはマニアックそうに見えて知っている人から見れば実はミーハー »

コメント

自由が丘に80年代ものばかり掛けてくれるお店があるらしいですよ。
私は行ったこと無いのですが某toneさんがkavaやらを連れて行ったらしい。
この手の店なら大丈夫かもー〜。

投稿: kazu | 2005.11.20 21:35

どーもー
ぜひ、某toneさんに連れて行ってほしいですね
80's和モノメローというやつでしょうか?

投稿: iMasato | 2005.11.21 01:56

名曲ですな~
達郎選手打ち込み系の
最終形とでも申しますか、
リズム系の切れ味鋭い曲ですね。
大箱のディスコで大音量できいてみたいっすね~(笑)

投稿: airplay | 2005.12.08 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/7154161

この記事へのトラックバック一覧です: プラスティック・ラブ/竹内まりあ:

« James Taylor Quartet / in the hand of the inevitable | トップページ | 普通の人にはマニアックそうに見えて知っている人から見れば実はミーハー »