« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.25

音楽専用オークション「ミュージック・フィールド」

ミュージックフィールドという音楽専用オークションサイトをご存じでしょうか?

僕はここで、今は亡きルーサー・ヴァンドロスの1stアルバム、Never too Muchのアナログ盤を1000円で落札しました!!
さらに、ディスコクラシックの名盤
シェリル・リンの1stのGot to be Realも同様に入手できました。ジャケットだけでもいいから欲しいというバカ丸出しではありますが、再発盤とはいえ入手できてよかったです。
今は家に飾るスペースがありませんが、名盤たちを飾るスペースを作っていきたいものです。

ちなみに、このミュージックフィールドはいろいろなレコード店や個人の方が出品していますが、おすすめは今回落札した新星堂です。とくにボックスセットものがお買い得で、次は高中のボックスセットをねらっています。
スティーリー・ダンの4枚組のボックスセットCitizen(1993年発売)は発売時に購入していて、すでにプレミアがついていると思っていましたが、なんと市価の20%オフから入札スタートです。
持っていない、あなた即アクセスです!!

ミュージックフィールド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

普通の人にはマニアックそうに見えて知っている人から見れば実はミーハー

とは、日本を代表する正当音楽雑誌月刊ADLIB誌のことで、かれこれ15年以上定期購読している雑誌です。

初めて知ったのは、角松敏生さんがFM番組か雑誌か何かの時に話していた内容からだったと思います。世の中にはADLIBという音楽雑誌があるのだ。。。千葉の片田舎の本屋にはありませんでした。高校3年の時です。読んでいたのはFMステーションやレコパル程度。その頃は、ちょうど、Steely Danというバンド?があるということを知ったのと同じで未知の宝物あるいはわくわくする存在のモノでした。

雑誌の内容は決してマニアックにはなりすぎず、ジャンルもPOPS, R&B, Fusion, Rock, Japaneseと幅広く、テレビのチャートで取り上げられている以外の良質の音楽を紹介しております。取り上げられる一流のミュージシャンの顔ぶれや紙の品質、写真、解説記事の内容を考える900円は決して高くない値段です。

今月号ではエンヤが表紙を飾っておりましたが、あのオリノコフロウから17年近くもたっているのですがアルバムはまだ5枚しか出していないとのこと。
インコグニートも2ページ紙面を飾っておりました。
ライブアルバム傑作選ではR&B特集で最近ソウル・バーのフィリーズで知ったMazeLive in ORLEANSがセレクトされており、やっぱすごくいいのだとわかった。まだDVDを買っていないので早々に買おう。
本屋で見かけたらぜひ手に取ってみてください。
ad0512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

プラスティック・ラブ/竹内まりあ

角松さんの12inchシリーズと競い合う、グルーブソング。

21世紀の日本女子のソウルディーバーを聞く前にぜひ、聞くべきと思います。

この曲はシングルCDの夢の続きのカップリング曲(B面の曲)でした。
これが、むちゃくちゃかっこよくて、この曲を知ったのは、このシングルCDが出た年にリリースされた達郎さんのLIVE アルバムJOY山下達郎さんが歌っているのを聞いた時です。
あまりにかっこいい曲だったのでオリジナルがまりやさんと聞いてびっくり早速物色したら、ちょうどシングルCDがリリースされておりました。
なんと、このプラスティク・ラブ"Extended Club Mix" となっており7分を超えるロングバージョン!
でも、この12inchシングルレコードってあるんですよね?

T's 12inchesファンの原理主義者の人たちには涙ものの名曲です。
ホーンセクションのアレンジやスクラッチなど当時の達郎さんのアイデアがふんだんにちりばめられており、往年のディスコ・クラシックスの名曲といって過言ではありません。
僕的にはDo You Wanna Danceを引き合いに出したくなります。

ぜひ、ダンスフロアで聞いてみたい曲です。
どこかかけてくれるお店あれば、どなたか教えてください〜
plasticlove

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.13

James Taylor Quartet / in the hand of the inevitable

Incognitoを買ったこともあり久々に聞いてみたら、iTunesに入っていなかった。ここ4年以上聞いていなかったのですが、これが結構いい曲がつまっております。JTQは最近は聞いていませんでしたがこの路線は好きです。Incognitoの1枚目を彷彿します。
Amazonのレビューを見て気づいたのですが、Vocalはなんと、Alison Limerick
10年近く気づかなかった orz
Make It On My Own というソロ名義での名曲がある彼女ですが、これも久保田さんのFM番組Land of Grooveで知ったアーティストです。しかも某TK氏のプロデュース作品のなかにはリスペクと曲まであったりして、この曲を聞いたときは度肝をぬきました。
最近のUK路線というのはチェックしておりませんが、90年代中のUK路線はIncognitoといい、JTQ、 Alison Limerickともおすすめですね。
James Taylor Quartet / in the hand of the inevitable

Alison Limerick / and Still I RiseJTQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

筆記試験合格

年に一回仕事関係の試験を受けるのですが、○○士二次試験という国家資格の、筆記試験が8月にありました。その合格発表が10日でした。

あまり勉強をしなかったのが本当のところで、どうせ落ちるだろうと思い試験当日も起きるのが遅く、ぎりぎりまでいくかいかないか布団の中で悩んでいたのですが、やはり土俵にのらないと何もはじまらないと奮起し試験会場へ。
正直、初チャレンジで一日中鉛筆をにぎって書きまくったのであったが、ともかく書くだけ書いたという充実感は残った。
これだったら、2,3ヶ月ちゃんと勉強すれば来年は通るかな?
とペース配分はわかったのでした。
正直試験番号をみたときは大学入学以来の感激ではありましたが何分過労続きで体がいうことをきかない今日の一日でした。orz
口頭試験は12月に入ってからですが、その前後にも別の資格試験が。
準備をしっかりやらなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

インコグニート/ イレブン

好きな海外のグループはと聞かれたら答えるのがインコグニート

最初に知ったのは、10数年前に久保田利伸さんのFM(ランド・オブ・グルーブ)でのことでした。Joceryn BrownがリードヴォーカルをつとめたAlways Thereを聞いたショックからです。
そのインコグニート
の11枚目のニューアルバムでありますが土曜日に購入(HMVのポイントカードで買おうと思ったら10月22日で失効してましたorz)
今作は前作より初聴きでイク曲は少なかったような気がします。インパクトとしては前作ほどではありませんでした。前作は以前に比べすごくよかったので期待が大きすぎたのか。それでも期待を裏切らないインコグニートらしさはしっかり織り込まれております。聴けば聴くほどよくなっていくのでしょう。ライナーノーツにも書いてありますが、26年間このインコグニートらしさを出し続けていたのですからすごいと思います。
1曲目のインストLet the Mystery BeはインコグニートのJazz Funkらしさ健在で、同じく6曲目のJacarandaのインストもいいですね。こうしたトランペットのソロの使い方はしびれます。
年末にBlueNoteでライブがあり、まだいくか決めていませんが(もうすでにチケットはないのかしら)、年末はいきたいのが多過ぎです(泣)。
インコグニート/イレブン
Eleven

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.06

ラーメン:七人の侍

以前ラーメンサイトで知った会社から近い店

今日で2回目ですが、今回は普通の中華そばを注文。
最初に食べたつけめんもそこそこおいしかったので期待していたのだがやはりおいしかった。
スープは醤油の中華そばで豚骨、とりがらと魚系のだしが効いている感じ。麺はふと麺でくせはありません。チャーシュのとろっとしたやわらかさは七福にひけをとりません。
スープを最後の一滴まで飲んでしまった。
サンシャインで並ぶのならこっちの方が断然よいですね。駅から遠いのが難点ですがサンシャインとは同じくらいか。
初めて来た時は平日の昼で席数も10前後のため若干待ったものの、今日は時間が3時過ぎのためすいていました。

会社からの距離を考えると定番になりますな。
もっと早くいっていれば良かった。

いよいよ激戦区の食べ比べをしたくなってきました。051105_155001001.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

OS X 10.4.3update失敗

今週リリースされたMac OS Xのマイナーアップデートである10.4.3をソフトウェアアップデートをかけたのですが、失敗しました。再起動後、ログイン画面まで届かず、Darwinに落ちてしまい起動しない状況となったのです。
コンソールから先に進む方法がわからなく、以下の手順で復旧。

1.外付けHDDにTigerを新規インストールし、インストールプロセスで内蔵のデータの環境を外付に移行。
2.内蔵HDDに新規インストールを行い、先に移行した外付けHDDのデータを内蔵に戻す

しかし、OSのコアな部分のトラブルで起動しなくなったにもかかわらず、ユーザーデータやアプリなどは問題なく動作し、いくつかの設定ファイルを除けば楽に復旧できるのはMacならでは。
FireWireの外付けHDD(もちろんiPodもしかり)から起動できるMacはやっぱいいっすね。(PCも最近はS-ATAでできるようですが)

HDDがクラッシュしたら終わりなので、最近さぼってますが、やはりまめなバックアップは必要ですね。
(しかし、音楽データなど容量が大きいので移行時間がやたらかかりました)
しばらくアップデートは様子見です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »