« ソウルバー フィリーズ | トップページ | SmoothJazz界のデカプリオ »

2005.10.17

AirPlay 紙ジャケ

でかジャケと同時に買ったのはこの紙ジャケである。

AORの名盤で限定盤とあれば買ってしまうミーハーな自分。

AirPlay氏(にT-バック)がジャケの解説をされていますが、2バージョン店頭で写してしまいました。すでに持っていたのはCD面にRCAのロゴがプリントしてある初盤でした。
限定盤は欲しいと思った時に買わないと手に入らなくなったりしますしね。
IvanLinsのLoveDanceが絶盤だったのにはショックでした。

この爽快感とメロー感はやはり80年代なんだと思ってしまいます。今の自分とのギャップが・・・
051010_190101001.JPG

|

« ソウルバー フィリーズ | トップページ | SmoothJazz界のデカプリオ »

コメント

T-バックありがとうございます!
おいらもT-バックさせていただきますた。

投稿: airplay | 2005.10.18 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/6447074

この記事へのトラックバック一覧です: AirPlay 紙ジャケ:

» AIRPLAY CHRONICLES [ENJOY AOR MUSIC]
私たちがこのユニットのセカンドアルバムを待ち続けて 早いもので25年の月日が経ってしまった。 残念ながらセカンドアルバムはリリースされていないが、 思いもかけず25周年にちなみ Jay・Graydon自らの手によるリマスターがほどこされた 25周年記念リマスター盤が紙ジャケ仕様で発売され、 われわれAIRPLAYフリーク達を喜ばせてくれたのは記憶に新しい。 何度かのリ・イシュー盤が存在するので今日はそれらを紹介しよう。 (なんちゅう自己満足というかマニアックな企画や!... [続きを読む]

受信: 2005.10.18 06:40

« ソウルバー フィリーズ | トップページ | SmoothJazz界のデカプリオ »