« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

The ROAD TOSHIKI KADOMATSU SECRET GIG in Matsue その1

BIC(角松敏生ファンクラブ)で予約した写真集+DVDが届いた。

真性角松ファン(笑)である自分は、ツアーパンフはかかさず買っていますが、
写真集は2度目。家内より自分の方が先に見入る昨今。
最近デジカメでいろいろとることが多いため、プロの写真家の写真集というのをみると自分にはとれないよなーと改めて思ってしまう。場合によってはこんなに暗い写真は高感度で撮影しているのか、増感しているのか、あえて粒状感をだしているのかわからないのですが、こういう荒い写真もありなのかと、デジカメだとノイズがどうのこうのいってしまうのがばからしくなる。

というのはさておき、ツアーパンフをみる時はほとんど、角松さんの御託やメンバーのコメントを読むのが好きなのだが、今回は参加メンバーのコメントがよかった。
やはりミュージシャンの皆さん本当に楽しいんだなーというのが伝わってきました。たしかに、Fankacousticツアーは全県制覇という平均年齢40代後半というツアーメンバーでは異例のことでしょう。また、あの数原さんが今回初ツアー同行だったとは、びっくり、ぜひ地方で観たかった

ということで、これからDVDをみて、明日からはiPodでリピートだ!!

TheRoad

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.29

秋葉原ヨド

先日秋葉原に半年ぶりに行った。
目的は前に書いたトランスミッターだったのだが、場所は大通りの反対側で遠い、しかし、さすがに大きく入って驚いたのはAppleブース。そう、iPod効果は大きく1フロアとしては国内最大級ではないか?

ここ最近売り場面積が狭くなりつつありましたが、大々的に取り上げられているAppleブースに(涙)

10日で200万人来たらしいが売り上げはいくらだったのか。ヨドバシ効果で食堂など秋葉原自信に来る人がふえプラスの効果もあったというのですが、まだオープンしていないビルもありまだまだ目がはなせないですね。

しかし、自分は住みたいとは思わない街ですな。050919_174001001001.JPG
050919_174202002.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

とうとう

とうとう35才になってしまった。
いわゆる四捨五入で40だ。
考えてみると人生の折り返し点をこしてしまっているかもしれない。
ということで、切迫してしまう自分であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.24

B-AUDIO iPod CarCharger with Transmitter

先週発売したばかりの製品まだどこにもレビューがありませんでしたが、これが最初か?

レンタカーをよく乗るためせっかくのiPod60GBを有効活用すべく購入。

池袋にはなかったため、秋葉原まで遠出。

祖父のMac館では入荷してなく、最大かつ最後の砦のヨドバシで購入。最後の1個で、4980円。

デジタルチューニングのため設定は簡単でなんなく接続 
問題の音質は。。

思っていたよりイイ!!


ノイズはほとんど聞こえなく時々電波のノイズがはいります。ただし、元の録音レベルが高いと音が割れまくり。トランスミッターが悪いのか、カーステレオがしょぼいのかわかりません。ステレオはJVCの1DIN KD-CD202でスピーカーはカローラの純正。レンタカーとして最も多い例の1つと思います。以前*istに乗った時同じカーコンポでCDを聞いたらもっと音が良かったので単にスピーカーが悪いのかもしれません。

レンタカーのために5000円ですが、自分としては安い。050924_083801.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

iTMS初購入 Ronny Jordan / The Antidote

最初の1歩というのにこだわってしまうため、iTMSがオープンして黒船襲来と某BBSで騒いだものの実は未だに買ってませんでした。
日本のサイトは米国サイトより曲がまだ少なく、衝動的に買いたくなるアルバムがなかったからです。過去のアルバムであっても同じ値段ならCDを買うし、自分の感覚では輸入版と比べて7割より安くなければCD購入かなと思ってしまうのでした。

で、購入したのはサイドのマイリストに追加したギターリストRonny JordanThe Antidoteというアルバム。iTMSでの購入は完全なアルバムという形ではなくパーシャルアルバムという形式で販売され、CDと同一構成にはなっていないとのこと、輸入版のamazonにあったのと曲目・曲数は一緒だったので日本版より曲数が少ないということか。いずれにせよ、150円×8曲=1200円なのでこれくらいだったら1800円のCDよりお得と思い購入。
このアルバムですが、店頭のJazz/Fusionコーナーでは見かけることがなかったアルバム(今ではAmazonなどのオンラインではありますが)で、はまった曲はAfter Hours、ジョージベンソン風のギターの音色なのですが、夜にぴったりのスロービートの曲。大学にいた頃たまたまFM番組をテープにとっていてずっと気になっていた曲なのですがようやく購入しました(かれこれ10年以上もたつのか)。最近はまった、Tim BowmanのSummer Grooveの夜版という感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イヴァン・リンス(Ivan Lins) at 東京Jazz2005

東京Jazz2005の録画を流しているのですが、初日のラテン・ラウンジ

あのクインシージョーンズの愛のコリーダが入っているアルバムThe Dudeのもう一つの名曲、
ヴェラス/Velas(トゥーツ・シールマンスのせつなくなるハーモニカメロディーの曲)の作曲家
イヴァン・リンスが出演するということで期待大だったのですが、素晴らしすぎ!!

なんと、1曲目は飛行機雲(Lua Soberana)
そうです、角松さんの覆面バンドAGHARTAWaになっておどろうの)がカバーしている2枚目の1曲目です。

そして、2曲目はComecar de Novo
European Jazz TrioBarcelona's Flameでカヴァーしていたロマンチックな曲、原曲を聴くのは初めてだったのですが、メロディー美しすぎです。

さらにラストの曲はAi Ai Ai Ai Ai
まさにAGHARTAじゃないですか!!

んー、当のイヴァン・リンス本人はAGHARTAを知っているのでしょうか?!
角松さんとイヴァン・リンスとのコラボレーションというのもジノ・ヴァネリと同様に最も実現してほしいコラボの一つです。

セットリスト(放映分のみ)
1.Lua Soberana
2.Comecar de Novo
3.Lembra de min
4.Rio de Maio
5.Ai Ai Ai Ai Ai


Ai Ai Ai Ai Ai収録の AwaYio(廃盤)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.17

ガンダム Seed DestinyのDestinyプラン

さっきまで長々書いていたのですが、消えてしまった(TK氏の1万字を考えればよいかー)

実は今年になってからラムレコ(DVDレコーダー)でガンダムをとったりしていて、
今リアルタイムで放映中のガンダムSeed Destinyをみている。
目が大きく少女コミック的とか、戦艦の艦長が美人で巨乳!?
という今までのガンダムではあり得ない作画で前回のガンダムSeedの延長で売れ線でいっているようですが、ここクライマックスになって、すごく重いテーマがのしかかってきています。

タイトルに示したDestinyプランとういのは遺伝子操作で個人の能力を最大限に引き出す役回りを演じる社会を作り、欲望を超越し、戦争のない世界を実現するよう人工的・強制的に行おうとする世界。
ん〜 今の遺伝子科学のなりのはてなのかもしれませんが、と同時に9.11のテロをみるまでもなく憎悪・復讐からおこる争いの連鎖というテーマを投げかけております。
遺伝子操作の世界と憎悪・争いの連鎖による止まない戦争がある世の中ということをテーマにとらえた今のガンダムは1stガンダムより、いっそう現実的なテーマであるように思えます(1stガンダム自身もアニメとしてリアリティが評価されていることも事実ですが)。子供たちに単なるロボットもの、モビルスーツがかっこいいというだけで捉えられてしまっていたら悲しい。

先日とある戦争に関わるドキュメンタリーを見て感動し、ガンダムSeed Destinyとの接点を見てしまったもので。相手を受け入れる心の広さがとても大切なのかと思ってしまったのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.16

iPod なの?

出張に行っているときの午前中の朝、宿で起きてまったりと、Macお宝鑑定団をみていたら、おどろきの
ニュース

すでに発表から1週間が立ちましたが、いろいろとレビューを見ているのですがやはりすごいですね。

4GB 2万8千円

こんなやすい、メモリーカードありません。しかもフル機能で、この小ささ、薄さ。
初代iPodが発売されてから4年弱。ここまで安く、小さくなるとは。
ぜひとも、じゃぱネットたかたの社長にTV CMやってほすぃー

今回、あっぷるは、革命的という表現を使っておりますが、まさにその通りと思っています。
とはいっても、今持っている60GB のphotoも2,3年後にはこれくらいになるとは思えません。
一般には4GBあればことたりるしょうし。あっても10,20GBで十分でしょう。
ということは、今後iPodはどの方向に進むのか? 
iPod & photo からiPod & iMovieか?
んー、先が読めない。

いつもながら、仕事氏のあぽーの製品には感動しまくりです。

と諸手をあげて喜びたいのですが、やはり、あっぷるが素晴らしい製品を出せば出すほど、手軽さと引き換えに、いい環境で音楽が聴けていない状況と、1曲の重みとアルバムの構成、表現者の意図がわからなくなるという、音楽への接し方に不安感が拭えないのも事実。
自分自身は凄く恩恵を感じているのも事実ですが。。。
音楽家にとってはプラスになっていってほしいものです。

と、iPodネタは書いていたらまた、長文になってしまいますた。
つべこべいわず、まだ実物見ていないので明日見に行こう!

iPod nano

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.09.15

東京Jazz2005

昨日であるが、東京Jazz2005のハイビジョン放送があった。
ちょうど家に帰ってきたときにラスト10分前だったのですが、やはり凄い!!

60才を超えたハービー・ハンコック御大を中心に老若男女のミュージシャン。
ハービーのバンドはヘッド・ハンターズ05ということで、もろファンクDis is Da Drumからのヘビーファンクの曲がアレンジされ、むちゃカッコいい。
最後のSuper Bandでは総勢20名以上がステージに登場し、Jamられていて巨盛り上がり大会でした。
時間が教えていたようでごくわずかな時間なのが悲しいかな。
(録画していたので最初から見るのに6時間かかるー)

今年の放送は2日をそれぞれ、3時間づつと例年より短い編成しかも録画放送。
来年もライブはあるようですが、放送もあるかな。
これまでは、ライブに入っていなく、ハイビジョン放送することと、値段が高い理由なのですが、今後も続けてほしのならライブにいかんといけんのでしょうね。

今年は夏のイベントは行っていませんが、やはり、夏の屋外のJazz、クロスオーバー系のイベントにイキたい!!
クロスオーバーJapanでバーベキューしたいと思うのですが、無理かなー

東京Jazz2005ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

ももんが

先週末から日曜の晩までお仕事で夜の調査に行ってきました。
そこで、見たのが、

ももんが、

そらを飛ぶぬいぐるみのような動物です
これにはびっくり!! そしてとてもかわいかった。

本来はバットマンを調べていたのですが偶然にも「ももんが」がかかってしまった。あとふくろうも:-)。

山には結構バットマンがいるようです。正直びっくりしました。決して洞窟だけではないのです。豊かな森と沢の指標のような気がします。
あまり詳しいことを書くとまずいのでこれくらいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »