« 電車男 x Zガンダム | トップページ | Luther Vandross逝く »

2005.08.05

iTunes Music Sotre オープン

某所に久々に投稿してしまったので、こちらにも半年ぶり以上に投稿っす 

とうとう、日本に上陸してしまいました。
AppleのiTunes Musicストア
すでに世界で5億曲がダウンロード購入され、日本でも先行しているダウンロードサービスはあるものの本命がいつになるかと騒がれながら本日突如開始されたサービスは1曲150円!!
アメリカの99セントに比べると若干高いかもしれませんが、日本の著作権関係を考慮すると、それでもすごく頑張った値段なのでしょう。

自分が衝動にかられているのは、実は、角松さんが昔からCD以外の圧縮音楽ソースについて、
いろいろコメントされており、角松フリークとしてこの黒船をどうとらえたらよいかと考えてしまうからです。
 レコードからCDに移行した時期は音楽界にとっての事件だったのかもしれませんが、自分としては今日がまさに黒船の来襲だと思っています。
 iTunesMusicSotreにアクセスし、角松さんを検索したらヒットしませんでしたが(BMGが加わっていないということか)それでも聞きたいと思っていた日本のミュージシャンのアルバムが1500円で買えるとなると、今まで以上に衝動買いがすすむような。
 1枚2500円〜3000円というCDの値段は、自分の金銭感覚からは今回のアルバムは遠慮しようかということが多いのですが、1500円相当だと、試しに聞いてみよう。あの曲が入っているからアルバムごと購入してみようと、自分の幅を広げるいいチャンスと思っております。
1曲あたり150円というバラ売りしていることについては賛否両論あると思いますが、自分はアルバム毎買いたい主義ですね。
  んーー。角松さんから何いわれるかわかりませんが、自分はiPodが発売された次ぐらいに音楽シーンを揺るがす一大事と思っております。
 昔、FMのMusicBazzarrか、Vogue'sBarで角松さんが話しておりましたが、中学生や高校生の頃は1つのアルバムのレコードを買うのが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買っていて、それほど1枚1枚に対する思いが大きかった。とおっしゃっていたことに自分が中学の時もそうだったなーとすごく納得しておりました。
 あれから20年近くたった今もアルバムの値段はかわらないまま。
そんなスリルを味わう買い物というのもなくなりつつある昨今、ダウンロードで買えちゃうご時世でいいのかしらと思ってしまいます。
 消費されない音楽、時間耐久性のある音楽というのはダウンロードなる容易な方法で手に入ってしまうのは問題なのかもしれませんがより多くのひとに素晴らしい音楽が届くための手段としてはありなのかと。
 ラッキーな面をみれば、アメリカでモータウンレコードからCD化されていなかった、遺産がダウンロード発売されているということですし、日本でも廃盤になった名盤等が復活するのではないかと期待しております。

 いずれにせよ、すでに動いてしまっている事実ですが、僕としては多くの人が、より音楽を愛する機会になりますように願っております。

僕は10年以上のMacユーザーですが、iPod、iTunesはすごく便利で音楽の楽しみ方は発展させてくれたツールで、iTunesMusicStoreの開店でますます音楽の幅が広がる気配を感じております。
 望むならば、角松さんがうまく利用してくれればと思っております。
 あのFMの全国ネットで若造に音楽を教示してくださったごとく。

リンク: TOSHIKI KADOMATSU Official Members Site.

|

« 電車男 x Zガンダム | トップページ | Luther Vandross逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55166/5316680

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes Music Sotre オープン:

« 電車男 x Zガンダム | トップページ | Luther Vandross逝く »